ANAと陸の魔王

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAと陸の魔王

仕事・プライベートを666%充実させる方法

106万円の壁で損する人

f:id:rikunomaou:20161212200034j:plain

2016年10月から、新たに作られた106万円の壁。

 

女性の、社会進出を目指した政策をしているわりには、新たに扶養の壁を引き下げる事で、働きにくくなる人もでてくると思います。

 

最近は、壁と言われている扶養へ入るための、年収の規定額がよく変わっています。

 

  • 税制上の控除額:103万円→150万円
  • 社会保険の控除額:130万円→106万円・130万円

 

新たにできた106万円も考える必要がありますが、他の壁の増減も気にしながら、仕事量を確認しなければなりません

 

106万円の壁概要

扶養に入る際の、社会保険上の控除です。

 

扶養に入ると、社会保険の支払いが必要なくなります。年間20万円近く変わるため、世帯収入には大きく影響します。

 

いままでは、130万円の壁と言われていました。

 

これが、2016年10月から下の5つの項目を満たす場合は、106万円の壁となります

 

  1. 勤務時間が週20時間以上
  2. 1カ月の賃金が88,000円(通勤費込、見込年収106万円)以上
  3. 勤務期間が1年以上見込み
  4. 勤務先が従業員501人以上の企業
  5. 学生以外

 

106万円以上働いているパートの方であれば、ほとんどは週20時間以上になってくると思います。

 

一つ目のポイントは、106万円を超えているかどうかです。

 

106万円以上であれば、会社の状況が当てはまるのか確認する必要があります!

  

106万円の壁で損する人

いままで、130万円付近までの仕事量で働いていた人は社会保険を個人で負担する事となるため、世帯収入が減ります。

 

130万円の年収であれば、106万円の年収の人と実質的に同じくらいの収入となってしまいます。

 

社会保険のメリット

社会保険に入る事で、扶養内の時よりも将来の保障は手厚くなります

 

下の4つの手当は、扶養内で働いていた場合はありませんでした

 

  1. 厚生年金の受給額が増える
  2. 障害厚生年金が追加
  3. 病症手当金
  4. 出産手当金

 

まとめ

103万〜130万円の年収で働いている方は、社会保険へ加入する事で、前年よりも収入が減ってしまいます。その代わり、将来の手当金が厚くなります!

 

106万円以下で働いていたり、従業員が500人以下の場合は現状と変わりません。

 

130万円の年収で働いていた方が、同じくらいの収入になるためには、150万円くらいの仕事量が必要になります。そうする事で、今までと同じ収入+社会保険の手当が得られます。

 

 

 

 

広告を非表示にする