ANAと陸の魔王

ANAと陸の魔王

仕事・プライベートを666%充実させる方法

殊能将之「ハサミ男」ミスリードを楽しみたいなら、この本がおすすめ

ハサミ男 (講談社文庫)

最近、ミステリー小説をよく読みますが、いろんな方のおすすめの本で絶対に出てくるの「ハサミ男」という本。

 

タイトルからして、危ない雰囲気がすごいです!作者の方の名前と珍しいので、余計に怖いですね。

 

ハサミを武器として、どんどん犯罪をする狂気的な話なのかと思っていました。しかし、内容は警察vs犯人のミステリーでした。

 

グロいシーンも少ないし、ホラー的な怖さもありませんでした。最近よく見ている、タランティーノ監督の映画のおかげで、グロさへの耐性はかなり上がっていると思います。

 

表紙とタイトルの雰囲気から、少しためらっていましたが、誰でも読めるような本です。

 

本自体は読みやすいんですが、話が少し長い感じはします。本の厚さもかなり厚い方だと思います。

 

ハサミ男」概要

 美少女を殺害し、研ぎあげたハサミを首に突き立てる猟奇殺人犯「ハサミ男」。3番目の犠牲者を決め、綿密に調べ上げるが、自分の手口を真似て殺された彼女の死体を発見する羽目に陥る。自分以外の人間に、何故彼女を殺す必要があるのか。「ハサミ男」は調査をはじめる。精緻にして大胆な長編ミステリの傑作! 

Amazon CAPTCHA

 

この「ハサミ男」の話は、事件の途中からスタートします。すでに2回の殺人をした後からのスタートです。

 

そうとわかっていても、最初はストーリーの流れについていくのが少し大変です。

 

途中までは、どこでどんでん返しが来るのかわかりませんでした。もしかして、普通のミステリーで、ハサミ男も普通に捕まってしまうんではないかと思ったほどです。

 

感想

いろんな人の感想で、「前情報なしで読んでほしい」と書いてありますが、その通りだと思います。

 

文書のトリックが先にわかってしまえば、後半で気づく面白さが薄くなってしまいます!

 

小説だからこそできる、ミステリーのトリックが詰まっています。

 

映像ではなく文字だから、読みながら状況を想像するわけですが、自分の先入観で騙されてしまいます!トリックがすごいワケではなく、最初の先入観で信じ込んでしまうと、最後まで騙され続けてしまいます。

 

私は、犯人が誰なのか?という事よりも他の部分に衝撃を受けました。

 

【少しだけ、ネタバレ】

 

 

 

 

 

本の終盤で、いきなり知らない人が出てきます。普通は、主要な登場人物は最初の方で出てきて、その人達が物語を進めていくと思います。ですが、終盤にもなってでてくる新キャラ!

 

この時点で、頭が「え???」ってなりました。

 

これこそが、この本「ハサミ男」の一番のトリックでした!

 

この続きは、ぜひ実際に読んで見てください。

 

 

 

広告を非表示にする