ANAと陸の魔王

ANAと陸の魔王

仕事・プライベートを666%充実させる方法

2年使ったiPhone6と、iPhone7の違いを比較

f:id:rikunomaou:20161226000533j:image

iPhone6から、iPhone7に機種変更したのでどんなところが変わったのか比較します。

 

iPhone7は、2016年9月に発売されたので、もうすでに持っている人も多いと思います。

 

私の職場では、1人しかおらず、新しくなっても、みんなすぐに変えるわけではないんだな!と思いました。

 

特に今回は、見た目がほとんど変わらないので、新しくiPhone7に変えても、わかりにくいと思います。

 

なんだかんだ言って、最新機種はいいですね!大きな変更点が少なくても、細かい部分でかなり使いやすくなってるので、満足してます!!

 

デザインの違い

見た目で判断する方法

 

f:id:rikunomaou:20161226000633j:image

 

パッと見で、iPhone7か6かを、見極められる場所は、画面下側にある充電ボタンの部分です。

 

以前はココに、イヤホンの穴と充電の穴が2つありましたが、iPhone7では、充電の部分しかありません!デザイン的には、左右対称に見えるので綺麗ですね。

 

ボタンの変化

 

ホームボタンが、センサー式に変わったのは一番の特徴なので、よく知られてると思います。

 

それ以外のボタン(音量、電源、マナー)も、結構変わった気がします。これは、防水対応になった事も影響していると思います。

 

全体的に硬い!

 

なんか、押しづらいです。すごく気になりはしないんですけど、なんとなく、アレって感じはあります。

 

その代わりとは言えないですけど、ホームボタンの反応はかなり向上しているので、プラスマイナス0って感じです。

 

側面を覆うタイプの、カバーを買ったので、押しやすさは、若干良くなりました。

 

▼ホームボタンの詳細はこちら

rikunomaou.hatenablog.jp

 

機能面の違い

カメラの性能UP

これには、驚きました!

 

多分、iPhone6以前の機種を使っていた人は、さらに驚くと思います。

 

ちなみに、私はカメラが趣味なわけではないので、細かい違いはわかりますが、撮った瞬間に画質の違いは、ハッキリとわかりました!!

 

実際の性能で見ると、わかりやすいです

  • iPhone5S:800万画素
  • iPhone6:800万画素
  • iPhone6S:1,200万画素
  • iPhone7:1,200万画素

 

iPhone6Sと画素数は変わりませんが、iPhone5Sや、iPhone6からは1.5倍の進化です!

 

iPhone6S以前のモデルを、使っている人にとっては、驚くポイントだと思います。

 

動きが早い

文書で説明すると、『Apple A10』という高性能プロセッサーを搭載した事で、iPhone6と比較すると、2倍のスピードで動きかつ、バッテリー時間も過去最高になります。

 

なんか、すごい事はわかるけど、イマイチわかりませんね。

 

実際に使ってみると、早い!!

 

ソフトバンクは、ギガモンスターの宣伝するよりも、iPhoneのこの性能を、もっとアピールした方がいいような気がします!

 

今までiPhone6で、早い指の動きで操作した時に、1テンポ遅れて反応するような動作があったとします。

 

それが、iPhone7では指に同時についてきます!性能が良くなると、動作が重くなるというのは良くある事ですが、iPhone7は本当に早くなってます!

 

例えば、アプリを開く早さが、いきなり早くなりました!iPhone7に変えから、何か違和感がずっとあったんですが、原因はコレでした。

 

広告を非表示にする