ANAと陸の魔王

ANAと陸の魔王

仕事・プライベートを666%充実させる方法

極めた先に個性は消える【極上という名の普通】

f:id:rikunomaou:20161126183307j:plain

ある分野で極めつくした、最高の物に触れる事はとても勉強になると思う

 

最高の物と言っても、車やマンションはもともとの金額が高いから中々経験しづらいです。

 

なら、元の金額が安いものなら?

 

意外と身近で経験できます。そしてその経験は、他のそれとは全く違います!

 

例えば、ラーメンなら新小岩にある人気店「麺屋 一燈」。飲み物なら、国際線ファーストクラスで提供されるウーロン茶「ロイヤルブルーティ」。

 

これら極上のものには、「普通である」という共通点がありました。

 

「麺屋 一燈」

食べログ評価

https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131204/13111737/

なんと食べログの評価で4.11。レビュー866人。恐ろしい!

 

「すごい美味しかった」って思っても、中々レビューまで書かないですよね。

 

そんな中、800人以上の人が美味しさや感動を、伝えたくて記事を書く。

 

そして800人の評価の平均が4.11(最高は5.0)。

 

中央値ならまだしも、平均4.11って異常です!辛口な人が低く評価しても、それを上回る数の人が満点の5.0をつけなきゃダメなんです

 

感想

f:id:rikunomaou:20161126221138j:image

行ってみると、常に長蛇の列です。席が少なめなのもあるのかもしれませんが、2時間くらい並びました。

 

食べて思った事は、「おいしい。」

 

それだけです。「ダシの旨みがすごい」とか、「魚介の味が特徴」とか、「豚骨がクリーミー」とかそういう特徴がないんです。

 

ただ、誰が食べても「おいしい」って言うんだろうなーと思いました。味が濃いのが好きな人も、薄いのが好きな人も、誰もが楽しめるラーメン。

 

もちろん、店内もキレイで食べる事に集中できます。「ちょっと汚いくらいが、美味しんだよ」って考えはないので安心です!笑

 

癖がないから、毎日でも食べられる。混んでなくて近くにあったら、自然と何度も通う事になると思います!

 

「ロイヤルブルーティ」

商品の情報

「ロイヤルブルーティ」って まず聞いた事ないと思います。私も会社の接待で行った高級店で、勧められて初めて知りました。

 

取締役は元デザイナーの女性社長 吉村さんです。吉村さんはお酒が飲めないけど、外食でもみんなと一緒に楽しみたいというコンセプトを基に起業されました。

 

全て手摘みで、水出し。ワインボトルに入ったお茶。値段はボトル1本(750ml)で3,000〜300,000円。お茶で30万て!しかも木の箱に入ってます

 

▼会社HP

www.royalbluetea.com

 

私もお酒飲めないので、みんなが外食でビールやカクテルを飲み比べている中、ジンジャーエールやウーロン茶だけでは、つまらないと思っていました。まず、普通に家で飲めますしね!

 

グラスならまだいいですけど、時々あるのが、ジンジャーエールのビンとグラス。

 

「あっ…自分でいれるんだね!冷やしてくれてありがとう…。」

 

ノンアルコールで楽しむ事何て、諦めていました。

 

感想

JAL国際線ファーストクラスで提供されている、お茶の貴婦人「クイーンオブブルーデラックス」をいただきました。

 

▼クイーンオブデラックス商品説明

・自然の恵みが創造した芸術品
大英帝国ビクトリア女王が名づけたとされる「東方美人」は、世界中で愛されてきた台湾を代表する最高級青茶。その茶葉のストーリーは独特で、夏の茶摘みの時期にウンカという小さな昆虫が茶の若芽を噛むと、噛まれた部分が自然発酵を促進し、独特のやさしい甘さの香味を持つのです。1年に1度、夏にその若芽の部分だけを丁寧に手摘みで収穫する貴重なお茶でもあります。

 

説明が長っ!お茶だよ、お茶、小説じゃないんだよ

 

しかも、1年に1度、虫に噛まれた部分しか収穫できないとか、運要素ありすぎでしょ!

 

製品にしちゃっていいんですか⁉︎

 

まずは色。ワイングラスに注がれたそれは、完全にウイスキーです。多分、隣の人であってもお茶だとは思わないでしょう!

 

味は、紅茶でもあり、ウーロン茶でもあるような感じ。水出しなので、後味がなくスッキリしてます。

 

味、色、香りは、はっきりとしているけど、全く口に残らない後味。

 

「水に近い」というのは 、褒めてないかもしれないけど、ウーロン茶を薄めたからって絶対こうはなりません。

 

ウーロン茶、緑茶、ジャスミンティなどお店で買えるお茶の種類はたくさんあってそれぞれ特徴ありますよね。「〇〇社のこれがいい」って決めてる人も多いと思います。

 

そういう好みとか関係ないです!おいしく自然に飲める、気づいたらなくなっている。

 

こんな優雅な水分の取り方あるんですね

 

まとめ

 極めるってこういう事なんだと思います。

 

  • 誰でも楽しめる
  • 欠点が無い
  • ストーリーがある
  • 余計なものがない

 

誰でも、欠点はすぐ目についてしまうものです。逆に言うと、欠点が見当たらないってことは、それが一瞬で素晴らしいものだと理解できるって事です。

 

仕事やプライベートでも、第一印象で全てが決まると言いますが、見た目や話し方、振る舞いに全く欠点のない状態であれば、それは一番の強みになるんだろうと思います。

 

広告を非表示にする