ANAと陸の魔王

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAと陸の魔王

仕事・プライベートを666%充実させる方法

逆エッジが嫌ならスピードに慣れるしかない

スノボ

f:id:rikunomaou:20161117200005j:plain

逆エッジ痛いです。

 

初めてスノボに行ったら絶対なります。逆エッジにならないための一番簡単な方法は、エッジを立てないこと

 

直滑降で降りたら、逆エッジにはなりません。その代わり怖いし、万が一ぶつかったら大怪我するので、おすすめしません

 

直滑降までいかなくても、ある程度ボードの先を下へ向けると逆エッジは激減します

 

今度は、スピードの恐怖と戦うこととなります

 

要するに、逆エッジの傷みか、スピードの怖さかどちらかを選ばなければいけない

 

逆エッジは痛い

まずは逆エッジはどうでしょう?

何度も書きますが、痛い

 

まだ、雪山に行ったことがない人やスキーしかやった事がない人には、わからないと思います

 

例えば、両足を縛られた状態でいきなり後ろから突き飛ばされたり、両足を縛られた状態で後ろから足払いされるような感覚です。

 

お尻から転べば大丈夫とか、転びそうな時に膝を、曲げれば安全って書いてます。

 

絶対ムリ

 

そもそも、逆エッジが怖いのは、いきなりだからです。

 

いきなり転ぶのに、瞬間的に膝を曲げられるような運動神経があれば、スノボなんて簡単だと思います。

 

だいたい逆エッジになった瞬間の事は、覚えてないです。「あっ」と思った後にはもう転んでどこかをぶつけてます。

 

スピードの恐怖

スピードも最初は怖いですね。速く滑ろうと思わなくても、どんどんスピードが上がっていきます。

 

でも実際のスピード 20kmか、せいぜい40kmくらいだと思います。

 

自分が意図していないのに、スピードが上がり続ける事が怖く感じる原因だと思います。

 

スピードが出過ぎてコントロールできなくなった時こそ、焦らずゆっくり止まろうと思えば止まれます。

 

怖いと思っても、いきなり止まることは出来ません。スノボの向きを下向きから、横向きに変える必要があるからです。

 

膝を使って、つま先側か、かかと側のどちらかに重心をかければ自然の曲っていきます。曲がり続けると、山を登るような形になるので、コースの端くらいで必ず止まります。

 

スピードに慣れるしかない

スピードをだす

逆エッジが嫌いなら、スピードを我慢して下さい。直滑降に近い形で滑り降りれば逆エッジは少なくなります。

 

ポイントは自信を持って、エッジに乗る事。エッジを、しっかり効かせることです。

 

そしてターンをするには、スピードに合わせて早めから曲がる準備をする事が大切です。コースの端側に到着してから、曲がろうと思っても遅いです。

 

端に到着する前の曲がる準備として、エッジを緩めて板を水平な状態に戻す必要があります。

 

「シュッシュッシュッ」くらいのリズムを意識してください。

 

スピードをださない

それでもスピードを出せない人は、傾斜が緩やかな場所から練習してみてください。

 

傾斜が緩やかだと、スピードは出ないですが、板の角度と山の角度が近くなるので、逆エッジになりやすくなります

 

それでも、木の葉滑りをするよりは練習になるはずです。早い段階でスピードに慣れるようにしましょう。

 

まとめ

スピードを出さないと、負の連鎖に巻き込まれます。

 

スピードは慣れます!

 

スピードがでても焦らないように、スノボの止まり方を覚えましょう。どちらかのエッジに体重をかければ自然とカーブしながら減速していきます。

 

素早いターンの準備を意識して、下向きに滑りだしましょう!

 

上達が速くなるし、逆エッジが減ります

 

▼関連記事

 

rikunomaou.hatenablog.jp

 

広告を非表示にする