ANAと陸の魔王

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAと陸の魔王

仕事・プライベートを666%充実させる方法

【滋賀|ヨゴコーゲンスキー場】2017年3月シーズン最後

3月になると、スキー場が開いているところも限られてきます。

 

今回は滋賀県にある、「ヨゴコーゲン★ヤップ」というスキー場に決めました。選んだ理由は、3月中の営業もある事と、大阪から朝発でスキー場で十分な時間がある事です。

 

前回行った、滋賀の「びわ湖バレースキー場」もとても良かったので、今回も滋賀県にしました。滋賀県は琵琶湖を囲むように、高い山が多いので全体的に標高が高いイメージがあります。

 

 ▼びわ湖バレイスキー場感想

rikunomaou.hatenablog.jp

 

 

以前は、夜行なども利用しましたが、体力的にも精神的にも厳しいため、最近は朝発の近郊エリアに行くことが多くなりました。

 

ヨゴコーゲンリゾート概要

ゲレンデ

f:id:rikunomaou:20170305204505j:plain

(出典:ゲレンデマップ|ヨゴコーゲンリゾート★ヤップ

 

コースは少な目ですが、シンプルでわかりやすい作りになっています。

このマップを見ただけだと、最初「Dリフト」の意味がよくわかりませんでした。

 

実は、「バレ・ブランシュ」コースは、Dリフト乗り場より上側が中級向けで、斜面が急で、Dリフト乗り場よりも下は、なだらかな初級向けコースとなっております。

 

一番下まで降りてから、リフトに乗ると混むため、Cリフトで「バレ・ブランシュ」コースを降りてきて、Dリフトに乗り換え、中級の「ブレバン」コースで下まで降りるというコースが2つのコースを楽しめてかつ、混雑も少ないので効率が良かったです。

 

場所

バスで大坂から2時間半の場所。琵琶湖よりも北側で、福井よりになります。

土曜日の朝出発でしたが、名神道路の工事も終わっているので、スムーズにたどり着きました。 

 

バス到着場所

 

f:id:rikunomaou:20170305210303j:image

 

駐車場のすぐそばに、レストランやリフト乗り場があるので、とても便利です。

駐車場も第1~第3まであるようですが、この日は第1駐車場も半分くらいの混雑具合です。

 

駐車場の地面が見えてると、不安に思いますが、積雪も110cmあるので、ゲレンデ自体は快適に滑れました。

 

今年最後のスノボ

最後だからと、近場で済ませずにしっかりとした場所を選べてよかったです。「ヨゴコーゲンスキー場」は、他のスキー場と比べるとマイナーですが、その分人も多すぎず安全に楽しめました。

 

最大でも1,100mと距離は短いですが、傾斜の急な斜面もあり、横幅も広くよかったです。雪質については、湿っていて重い感じはしましたが、その分転んでしまっても全く痛くないので、練習には最適でした。

 

バレ・ブランシュコース(初中級)

初級と中級と書いているので、最初は初級と中級の間のレベルなのかと思っていましたが、違いました!

 

「バレ・ブランシュコース」は上側(Dリフト乗り場まで)が中級コース。その下側は初級コースという意味です。

 

特に上側の中級コースは、幅は広いんですが、「ブレバンコース」よりも斜面は急です。特に今回は雪も湿っていてどっしりしている分、何度も転んじゃいました。

 

ブレバンコース(中級)

「バレ・ブランシュ」の上側とは違い、中級といっても傾斜は緩やかです。

 

その分、横幅が狭い場所が多かったり、低めのキッカーもあるためいろんな人が集まってきて少し危なく感じました。

 

モンブランコース

1度しか滑りませんでしたが、キッカーを挟んで2コースあります。ジャンプしない限りは、ここに行く必要はないのかなと思います。距離も短いのですぐに終わってしまします。

広告を非表示にする