ANAと陸の魔王

ANAと陸の魔王

仕事・プライベートを666%充実させる方法

②ポイントサイトで安全にFX取引をするためのリスク管理

f:id:rikunomaou:20161127175151j:plain

FX取引と聞くと、怖いイメージがありますよね。でも、しっかりとリスクを理解して、使えば安全に条件をクリアして、ポイントを稼ぐことができます。

 

10件以上のFX会社で取引を行いましたが、合計で3,000円くらいのマイナスだと思います。ポイントはFX取引だけで100,000ポイントくらい貰っていますので、完全にプラスです!

 

案件を選べば、少額の取引を数回行うのみで達成できたりするからです。最初、慣れないうちは取引額や、回数の条件が簡単なものからやっていきましょう。

 

リスクがありながらも、ここで「口座開設」の次におすすめしている理由もちゃんとあります。まずは、ポイントサイトの高額な案件のベスト3は以下のようになります。

 

ポイントサイトの高額な案件
  1. FX取引 (10,000~20,000)
  2. クレジットカード発行 (7,000~25,000)
  3. 保険の相談 (10,000)

 

この中で1番安全なのは、「保険の相談」です。だいたい1時間くらいなので、時給1万円と考えれば悪くはないですが、はっきり言って面倒です。

 

できる事なら、スマホで空き時間に稼いでいきたいです

 

FX取引のメリット

FX取引は、クレジットカード発行のように申し込み回数の制限や、年会費が必要ありません。そして、保険相談のように時間もかからないので、初心者だからこそ、すぐ大きな成果へ繋がります。

 

 ▼FX取引と、その他高額な案件の比較

  FX取引 クレジットカード 保険の相談
場所 自由 自由 指定
時間 20分 10分 60分
同時申請 ×
年会費 - 案件による -

 

FXがそれでも怖い理由

FXが怖いと思う一番の理由は、知識がないからです。

 

なんとなく、大金を操作していて、一瞬でプラスからマイナスに動くようなイメージはあると思います。

 

FX取引で利益をだし続けようと考えると、相当な勉強が必要ですし、取引に必要なお金もたくさん必要になります。

 

でもポイントサイトで条件をクリアするだけなら、そこまでの知識やお金は必要ありません。

 

買った後すぐに、売りに行く事で、マイナスやプラスになる額を最小限にする事ができます。

 

前日に1ドル100円だとしましょう。世の中の動きで為替が、今日1ドル103円になるとします。

 

ニュースでみるこの数値って、ただの結果だけなんです。100円から101円になった時もあるし、105円だったときもあります。

 

でもこれを時間単位>分単位>秒単位と、どんどん細くしていきますね。そうすると、1分間に動く値動きは、だいたい1ドル「100.0a円」のaの所です。

 

今日の値動きを、秒単位で確認しつつ取引額と合わせて考えれば、だいたいのリスクは計算できます。

 

FX取引で使う知識

レバレッジの真実

FX=レバレッジですよね

 

なんか、かっこいい!リスクを恐れないイメージじゃないですか

 

400倍や200倍、100倍が認められていた時期もありましたが、現在(2016年)の日本の決まりは、25倍までとなってます

 

で、結局レバレッジって何かわかりますか?

 

「今日は調子いいから、レバレッジ100倍で勝負だーー!」みたいな事かと思ってました。

 

実際はレバレッジってかける物ではないんです。実際、取引の時にもレバレッジを決めるボタンとかないですよ!

 

レバレッジとは、取引額に対して必要な証拠金の、最低額を決める倍率です。

 

一番多いパターンで紹介します。

 

(1ドル=100円とします)

1万ドル(100万円)の取引をする時に、必要な証拠金は最大25倍なので、4万円以上です。

 

1ドル=110円に上がり、10万円のマイナスが出てしまった場合は、証拠金の4万円に6万円を追加して、10万円払う必要があります。(実際にはロスカットもありますが、無視して考えます)

 

要するに、レバレッジとは取引のスタートラインに立つための、最小の振込金額です。実際のマイナス金額は、取引金額をもとに計算されます。

 

FX取引をする場合は、証拠金の額やレバレッジではなくて、取引金額でリスクを判断する必要があります。

 

LOTという数え方

取引数量はLOTという単位で行います。

 

一般的には、1LOT=10,000通貨です。

 

円でドルを買うと考えるので、1万円じゃないですよ!

 

1ドル=100円なら、1LOT=1,000,000円です。もう一度言います、100万円です。

 

これが基本の取引単位です。中には 、1LOT=1,000としている証券会社もありますが、SBI証券くらいでしょう。

 

最小の取引単位は百万円が多いです。1ドルの価値が1円変われば、1万円変わります!

 

でも、1円もの値動きが瞬間的に起こらないことは、チャートを見ればすぐわかります。

 

往復・片道

 取引条件にはこう書いています。

 

「往復10LOT以上の取引」

買いと、売りを合わせて10LOTです。買ったら売りますよね。だったら、1LOTで5回買ってすぐ売ってください。そうすれば往復10LOTです。

 

「片道10LOT以上の取引」

買い、または売りのどちらかしか計算されません。1LOTで10回買って、すぐ売ればokです。

 

売り買いを1取引と考えるのと、片道は回数分、往復なら、半分の回数の取引が必要です。

 

片道10LOTの条件なら、1回で10LOTの取引をすれば、それでもいいんですけど、リスクも10倍になるのでおすすめはしません。

 

リスクの算出法

1ドル=100円、1LOT取引する

 

この時リスクはどれくらいでしょう。これからFXの取引をすると一番多く目にするパターンです。

 

レバレッジ25倍と考えると、証拠金は4万円以上なので、5万円振り込めば十分です。この証拠金の額は、リスクの見積もりでは、無視してください。

 

1ドル=100円から101円に動けば、1万円のマイナスです。

 

買いをクリックしてから、売りをクリックするまでにかかる時間は、長くとも30秒あればできます。

 

通常のリスク

チャートを見続けるとわかるんですけど、1分間の値動きは1ドル=101.23円の「3」の部分で動いている事が多いです。

 

1ドル=101.23円→101.24円に変われば、100円のマイナスです。

 

暴落時のリスク

通常の日はわかるけど、数年に一番くらいでニュースになりますよね。為替チャートの、前で呆然と立ち尽くす人達!

 

リーマンショックや中国株の大暴落なんかが記憶にあると思います。

 

暴落時は1日で大きく為替が変わりますけど、瞬間的な値動きはどうなんでしょう

 

リーマンショックの時は、1分間に1円落ちました。

 

 

 

リーマンショックの時に、30秒間で取引を終えたとすると、損失は5,000円の可能性があります。マイナスになるのか、プラスになるかは、買いか、売りかによります。

 

より安全な取引のために

取引時間

FXは土日を除いて、24時間取引することが可能ですが、会社によっては早朝にメンテナンスが入る場合もあります。普通に起きている間は、いつでもできるようなイメージです。

 

時間によって為替の動きが大きい時間と、小さい時間があるため、ポイントサイトの条件をクリアするためには、為替の動きが小さい時間帯を選んだ方がいいでしょう。

 

下の写真からわかるように、日本時間で21時~3時はアメリカとイギリスのマーケットが開く時間帯のため、避けた方がよいでしょう。

 

仕事終わりに、家で夜取引をするよりは、12時~3時くらいの昼の休憩時間にさっと終わらせてしまった方が、市場の動きは小さいので安全です。 

 

f:id:rikunomaou:20161127142302j:plain

http://www.gaitame.com/beginner/qa_lesson5.html

 

 

重要指標の発表に注意

重要指標の発表にも注目が必要です。最近ではアメリカの大統領選の発表前後は、どうなるかわからない状態でしたよね。

 

一番重要なのは、毎月の第一金曜日にアメリカで発表される、雇用統計です。就業数や失業数がまとまって発表されるので、この前後では取引しないようにしましょう。

 

その他にも各国からの発表で為替に影響が出そうなものはたくさんあります。

 

自分で調べても、いろいろ出てくるんですけど、毎日何かしらあるので、これを覚えるだけで大変すぎます。

 

FX会社の取引ツールを使うのが便利です。どこの会社も、登録が完了すると、パソコンとスマホアプリが利用できるようになります。

 

▼参考画像「LION FX」

f:id:rikunomaou:20161127132238p:image

LION FXさんのアプリはログインしなくても、重要指標が見られるので、ポイントもらった後も便利に使わせてもらってます。

 

FX取引やり方

ポイントサイトから申請

ポイントサイトから、「FX」と調べると出てきます。たくさんありますが、まずは取引額が少ないものから順にやっていくのをおすすめします。

 

ハピタスおすすめFX案件

SBI FXトレード

条件:1万円の入金と、1通貨取引

 

1通貨ですので、1ドル=100円なら、100円の取引から始められます。リスクは1円以下です。実際に1通貨取引をしたところ0.03円のマイナスになり、切り捨てで1円支払う結果となりました。

 

しかし、SBIのキャンペーン中なら、500円もらえるので、プラス499円です

 

f:id:rikunomaou:20161127135037j:plain

 

 ②外為ジャパンFX

条件:5万円入金と、1LOT取引(0.1LOTx10回でも可)

 

  • 1lot(100万円)の取引なら1回
  • 0.1lot(10万円)取引なら10回

 

0.1lotの取引もできるので、リスクが少なくて済みます。1回あたり10円単位のプラスかマイナスになるでしょう。

 

f:id:rikunomaou:20161127140311j:plain

  

③その他

その他にもFXの案件はたくさんあります。1つの目安として、合計で10LOTまでの取引額であれば 、申し込んでもすぐにできると思います。

 

申請する

FX会社のサイトにつながったら、「新規口座開設」を押します。

 

ここから、個人情報の入力です。これらの項目を登録していきます。慣れたらサクサク終わります。

  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 年収
  • 会社名
  • 会社の電話番号
  • 取引経験
  • マイナンバー・証明書

 

注意する事

①会社の電話番号

会社の電話番号はちょっと嫌ですよね。会社にFXで副業していると思われるのも困ります。実際には在籍確認として、「もしもし、〇〇さんいらっしゃいますか?」と聞く場合もあるそうです。

 

外出や離席していればそこで電話は切られます。会社に電話して「〇〇は外出してます」とか、「少々お待ちください」と聞ければ、FX会社は在籍を確認できるのでokです。

 

と言っても、私は10社以上登録しましたが、電話はかかってきてないと思います。言われた事はありません

 

②取引経験

FXや、株式、信用取引等の経験を書いていきます。初めての人は全て未経験になると思いますが、全てが未経験で年収が少ないと審査で落ちる場合もあります。

 

私は会社の持ち株を入社時から続けており、FXもポイントサイトがきっかけで経験しているので、それ以外を未経験にしています。

 

記入例
  • 株式現物: 5年以上
  • 外貨為替(FX): 1年未満
  • その他: 未経験

 

この書き方で、全て審査に通っています。FX会社も取引してほしいので、落とそうとはしないと思います。

 

嘘をつく必要はないですが、「全くの素人で、大きな損失を出しても返金できなさそう」とは思われないようにするといいと思います。

 

マイナンバー・証明書

これらは事前準備をしておけば、登録がスムーズにできます。

 

郵送が必要な会社もありますが、ほとんどは、ネットに写真をアップロードすれば終わりです。

 

そこで、次の写真を撮ってパソコンとスマホに保存しといてください。そうすれば、外出先でもスマホから作業できます。

 

パターン1

マイナンバー通知書+運転免許書

(裏面にも書いてる時は、両面)

 

パターン2

マイナンバー写真付き

(裏面にも書いてる時は、両面)

 

他にも使える証明書はいろいろありますが、この組み合わせが多いと思います。

 

家で待つ

 FX会社から、IDとパスワードが買いている郵便物が届きます。

 

ログインして、まずは条件の金額を入金しましょう。ネット銀行を使うとすぐに反映されます。

 

まとめ

FX取引は、ポイントサイトの条件を満たすくらいであれば、リスクがなくできます。重要なことは、FX取引での利益は考えない事です。スプレッド等の手数料で100円~1000円くらいのマイナスはでる事もあると思いますが、10,000円相当のポイントがもらえるのでプラスになります。

 

安全な日時を確認して、1分足のチャートを見れば、1分あたりの為替の値動きは予想できます。大きく変動していない時間帯に、取引しましょう。

 

スマホのアプリでも取引できるため、マーケットが活発ではない時間帯をねらい、小分けに売り買いを行えば10分くらいでだいたいの条件はクリアできるでしょう。

 

rikunomaou.hatenablog.jp

 

広告を非表示にする